東京青山とNEWYORKの大人気ヘアサロンが遂に香港にNEW OPEN!東京・NY発の日系美容室香港店

《Maxの年末年始。。》ただいま日本!&ちょっと変わった食文化

Home/Staff, スタッフ プライベート/《Maxの年末年始。。》ただいま日本!&ちょっと変わった食文化

《Maxの年末年始。。》ただいま日本!&ちょっと変わった食文化

 

你好!Hello!こんにちは!

 

Assort Hong Kong

assistantのMaxこと、秋山です。

 

今回は前回(《Maxの年末年始。。》香港納め!やっぱりここでしょ!)に引き続き、

年末年始の一時帰国についてご紹介します!!

 

 

初めて香港に来る際、恥ずかしながら、伝説をつくってしまいました。((詳しくは→→→こちら

すこし懐かしい感覚もありますが、思い出したくない珍事。。。

再び伝説をつくらぬよう、

アラームを毎30分置きに設定して、万全の態勢で前夜をおくりましたww

→もはや寝てないです

フワフワした心地で、いざ香港空港へ。。

IMG_3173

IMG_3221

天気も良好で、気持ちいい朝を迎えられました!

 

さよなら香港‼!!

 

 

機内ではホットアイマスクを装着し、爆睡。。。。

 

 

離陸後およそ3時間。。

 

 

着きました‼

 

 

12時着。。

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

 

 

上海‼(笑)

 

image

 

日本ちゃうんかーーい!

 

今回は上海を経由して帰りました。。

日本行きの便まで時間があったので、

空港内をふらふらと散策をしていましたが、

思いのほか時間が有り余ってしまい、

なぜかTVで流れていた、中国ドラマを

最初から最後まで言葉を理解できないまま、見入ってしまいました(笑)

 

上海空港からの景色を撮りたかったのですが、

大気汚染の影響か、外が見えず諦めましたww

 

 

 

ではでは、さよなら上海‼

 

 

 

更に乗ること3時間。。。

 

image

 

やっと着きました!日本~!!東京~!

 

着いたのは22時‼

 

 

所要時間はなんと!!

 

 

10時間!!(笑)

 

 

長旅でしたww

 

日本に住んでいて、撮ることがなかった渋谷。

懐かしく感じてしまい、観光客のように写真を撮ってしまいましたww

相変わらずの人の多さ。香港に引けをとらないですね。

 

それと、もう一つ懐かしさを感じたのが

image

駅のホーム!

 

電車が来るときのメロディー♪♪♪♪~が日本だと実感しました。(加えて、待っている間の風の冷たさで、より日本を感じました)

 

 

よし日本を楽しむぞーーー!

 

と年末は地元の静岡県に帰りました!

家族とゆっくり過ごすことができました。

実家はとても落ち着きます。。

 

IMG_3225

高校時代の部活のチームメイトたちと忘年会。

それぞれ、仕事や進路について話しました。

同世代で頑張っている人がいると励みになります。。

 

初詣にも行ってきました‼

image

 

今年も元気に過ごせることを祈って、

少し長めに、手を合わせてきました!

 

年末年始、心も体もリフレッシュできました!

 

ありがとうございました☺

 

と、

ここでちょっとだけ、

Maxの地元の食文化を紹介します!

 

それは、、、

 

image

朝ラーメン。

 

そう!!朝ラーです!

ここでは朝、ラーメンを食します‼

*毎日ではありません。朝に食べるのが嫌な人もいます。

 

 

早朝6時から開店していて昼過ぎに閉店します。

 

というのも静岡県は古くからお茶の産地で有名で、

お茶の取引が朝早い時間に行われていたことから、

朝早く仕事に出ている人に合わせ、

早朝営業をするようになったのがきっかけと言われています。

 

朝なのであっさり系のラーメンがベースですので気兼ねなく行けます‼(笑)

 

機会があったら試してみてください(^O^)

 

 

 

遅くなりましたが、今年もよろしくお願い致します。

 

 

Thank you for reading!

 

Yutaka Max Akiyama

 

 



Written by assistant

アソートヘアカタログ


ASSORT NEW YORKのホームページはこちら

ASSORT TOKYOのホームページはこちら

CLASS AOYAMAのホームページはこちら

↓↓↓ASSORT HONG KONGのネット予約は以下より24時間可能です↓↓↓

web予約バナー

About the Author:

Leave A Comment