東京青山とNEWYORKの大人気ヘアサロンが遂に香港にNEW OPEN!東京・NY発の日系美容室香港店

『崩れないメイク』③わかれば変わる洗顔料と洗顔方法

Home/未分類/『崩れないメイク』③わかれば変わる洗顔料と洗顔方法

『崩れないメイク』③わかれば変わる洗顔料と洗顔方法

こんにちは!
本日はemmaがblogをかきます!

 

 

さてさて、今日は

前々回から書かせていただいている

崩れないメイク

 


洗顔料と洗顔方法」についてです!

 

 

 

 

まず、
肌のタイプ別「洗顔方法」

 

 

乾燥肌タイプ

 

 

 

・乾燥肌タイプの人は、皮脂の分泌がすくないため
洗顔料を使わずに ぬるま湯での洗顔で
十分肌の汚れを落とすことが出来ます!
・熱いお湯での洗顔は、皮脂が流され過ぎてしまい
反対に冷たい水で洗顔してしまうと
毛穴が引き締まってしまうので化粧水が
浸透しなくなってしまいます

・普通肌の方はひしのベタつきはが
気にならないようであれば
乾燥肌の人と同様
ぬるま湯で洗顔してあげてください。

 

 

脂性肌タイプ

 

「脂性肌タイプのひとは洗顔料を使った
洗顔料方法が基本です」

・Tゾーンには多く洗顔泡を
・ほおやUゾーンには軽くのせます
⚠️手でゴシゴシ顔を洗うイメージてばなく
泡』で洗うイメージで顔を洗って
あげるのがいいです!
タオルで顔を拭くときはゴシゴシと拭いてしまうと
タオルの摩擦で肌を傷めてしまうので
顔をこすらずに『トントンっ』と
軽く叩くようにして水分を拭き取るといいです!

 

 

 

 

続いては
洗顔料の違い」についてです。

 

今回は大きく分けて2つの
固形石鹸と洗顔フォームの違いを
比べてみたいと思います!

 

固形石けん

 

石鹸には洗浄成分として「石けん素地」が

含まれています
これは、天然由脂と水酸化ナトリウムと混合し、
化学反応でてきた
天然の界面活性剤
この成分は、アルカリ性で水で分解されやすいので
洗った後は、肌に界面活性剤の成分が
残らないのが特徴です!!

 

 
では、どんな方に
固形石けん」が良いのか???

・皮脂が多く、スッキリした洗い上げが良い
・洗顔料に余計な保湿は求めない
・化学成分による肌ダメージをさけたい
・メイクと落としを極力使いたくない

こんな方にオススメのです!

 

 

洗顔フォーム
洗顔フォームは主にチューブタイプで使いやすく携帯しやすい!

石油系合成界面活性剤の洗浄成分」が配合されていて
洗浄力が高く汚れや皮脂をしっかりと落としてくれます!

 

固形石けんと比べて油分や水分、その他の美容成分の配合が比較的に多く、
洗い終わった時のツッパリ感が少ないのが特徴です!!

 
では、
洗顔フォーム』は
どんな方にオススメなのか??
・より衛生的、経済的に使いたい
・洗顔後、肌が乾燥しやすい
・洗顔しながらできるだけ美容成分でケアしたい

 

 

という方にオススメです!

 

 

洗顔方法、どのような洗顔料が良いのか
少しでも参考になったら
嬉しいです!!

 

 



Written by assistant

アソートヘアカタログ


ASSORT NEW YORKのホームページはこちら

ASSORT TOKYOのホームページはこちら

CLASS AOYAMAのホームページはこちら

↓↓↓ASSORT HONG KONGのネット予約は以下より24時間可能です↓↓↓

web予約バナー

About the Author:

Leave A Comment