東京青山とNEWYORKの大人気ヘアサロンが遂に香港にNEW OPEN!東京・NY発の日系美容室香港店

このバラ、なんだったのだろう?

Home/スタッフ プライベート/このバラ、なんだったのだろう?

このバラ、なんだったのだろう?

こんにちは~、Mikiです( ´艸`)

私ことですが、昨日無事に誕生日を迎えましたー。

連続2日、ほぼ1ホールのケーキを食べました。

ありがたやー、ありがたやー。(お腹出ている)

パイ投げは受けていません!

ありがたやー、ありがたやー。(ニヤリ笑)

そして誕生日当日に、

人生初の花束を受け取りました!

お~~~~・・・・・・

20161105_182924_1478405210665

あれ?なんか変わったバラです。wow

フランス国旗色、オランダ国旗色、

ロシア国旗色ともいえる、

赤・白・藍3色混ぜ合わせたバラでした。

『なんでこの色になったのだろう・・まさか、

遺伝子組み換え!?』

****************

疑問を一晩放置し、

今朝早速、「博士」ごとNamiさんに聞いてみたところ、

『それ染めてるやつなのだ~。どこでもあるのだ~。』

・・・この世界何でもありなのだ~。( ゚Д゚)

も染めてるやつのだ~。』

私は今までナチュラルなのか、遺伝子組み換えなのかと考えたが、

違ってた・・・。初知りです!

「花 染める」のをネットで調べてたら、

自分でも染めれることが分かりました!

しかも思ったより簡単・・。

****************

引用:Entertainment Now (Ameba Blog)

 

1・白い花/色が浅い花を用意。

2・茎をハサミで必要なだけ分割する。

*ただし、細かく切りすぎないこと!

3・着色料を使う。(食用着色料/植物用着色料)

多く使えば使うほど、色が濃くなる

4・茎ごとにを漬ける

5・数時間~2・3日待つ(花の開き具合による)

6・水に移り変わる/花束にして人に贈る(ただし帰ったらすぐに水に漬けさせること)

 

思ったより簡単でした・・・。

みなさまも機会があれば、

オリジナル色の花束を作ってみてはいかがですか?

 

ちなみにXX歳の抱負は・・・

忙しさにのまれず、

のんびり過ごす。

・・普通が一番です!

 

Written by Miki T.
Thanks for reading. =]


Written by assistant

アソートヘアカタログ


ASSORT NEW YORKのホームページはこちら

ASSORT TOKYOのホームページはこちら

CLASS AOYAMAのホームページはこちら

↓↓↓ASSORT HONG KONGのネット予約は以下より24時間可能です↓↓↓

web予約バナー

About the Author:

Leave A Comment