東京青山とNEWYORKの大人気ヘアサロンが遂に香港にNEW OPEN!東京・NY発の日系美容室香港店

ホームカラーと美容室でのカラーの違いってなんだろう??

Home/未分類/ホームカラーと美容室でのカラーの違いってなんだろう??

ホームカラーと美容室でのカラーの違いってなんだろう??

 

こんにちは!

assistantのYURIです

 

 

最近は待ちに待った夏休みが始まりいろいろな予定を目前に、

ヘアチェンジするお客様が多くて正直とっても羨ましいです、、、(笑)

 

 

そんなヘアチェンジ、ふと思い立ったとき自分でも簡単にできちゃうのが

ホームカラーです。。。

 

 

誰もが一度は経験しているのではないでしょうか??

 

 

でも!!

ちょっと待ってください!!

 

一度これを見てから考え直してください!

 

 

 

意外と知られていない、《市販カラーと美容室でのカラーの違い》を今から紹介します

 

 

まず、市販のカラー剤と美容室でのカラー、どちらがダメージするのか??

 

 

それは

 

有無を言わさず、 市販のカラー剤 です !!!

 

 

その理由は

 

先ずはじめに、 主成分が違います。

 

市販のカラー : アルカリカラー × トリートメント剤 モノエタノールアミン

美容室でのカラー :アンモニアカラー { アンモニア

 

 

 

美容室でカラーをした時、つんとするようなニオイを感じた事があると思いますが、

それがいわゆるアンモニアです!

 

 

それに比べると市販のカラーは気になるニオイも特にないですよね??

 

でもこの二つのカラーの成分の違いが、カラー後のダメージに大きく影響する事を

ご存知でしょうか?

 

 

その原因がアルカリの残留です

 

 

どのカラー剤にもアルカリ剤は含まれています

 

アルカリは髪の毛の表面のキューティクルを開いて、髪の毛内部にカラー剤を浸透させる役割があります

 

髪の毛はもともと弱酸性なので、逆のアルカリ成分には非常に弱くダメージしやすい状態になってしまいます。

 

 

ここまでは、市販のものでも、美容室のものでも同じなんです!

(でも、市販のカラー剤の方が含まれているアルカリ量は多いです)

 

 

ダメージの違いに関わるのはここから!!

 

 

 

【市販のカラー剤】

 

アルカリ量の多いカラー剤を使っている

= キューティクルをしっかり開いてカラーを浸透させる

<ここでのメリットと言えば、短時間でカラー出来ると言う事のみです(笑)>

 

キューティクルが開いていると言う事は、髪の毛がダメージしている状態です。

 

 

 

=>=> では、どうやってキューティクルを閉じさせるのでしょうか?

 

 

市販のカラー剤には、染料にプラス、髪の表面をコーティングするコンディショナー剤が入っています。

 

、、、つまり、アルカリが残りキューティクルが閉じてない状態でコーティングしているのと同じなんです!!

 

 

そのコンディショナー剤も後日のシャンプーで簡単に落ちてしまうので、

キューティクルは開いたままの状態でむき出しになる事になります

 

 

 

これがかなりのダメージに繋がります!!!

 

 

ホームカラーした後、なぜだか手触りが良い感覚は私も経験した事がありますが

それも一時的なものなんです、、、。

 

 

しかもなんとキューティクルが開きっぱなしと言う事を想像してみて下さい

 

 

キューティクルを開いたのは、カラー剤を毛の内部に浸透させるためです

 

 

、、、??? 入ったはずのカラー剤はフタをされない状態だとどうなるでしょうか?

 

 

色落ちします。

 

 

では、美容室でのカラーはどうでしょうか!

 

 

ダメージの原因でもあるアルカリ剤は美容室のカラー剤にも入っています

 

 

美容室でするカラーは、主成分がアルカリではなく、アンモニアです!

 

 

アンモニアカラー剤は, 揮発性(蒸発しやすい性質)なので、

キューテクルを開かせてカラーを髪の内部に浸透させた後は、

空気に触れることでアルカリ成分が薄れていく性質があります

 

 

そして、髪の毛のダメージ具合、部分によって薬剤の強弱を調節して

よりダメージレスで、艶のあるカラーをする事が出来るんです!

 

 

assortでカラー後のシャンプー前に、なにかつけているな〜と

思った事はないですか??

 

 

それがアルカリ除去剤です^^

 

 

 

出来るだけアルカリの残留を抑制させて髪の毛が本来あるべき

弱酸性の状態に近づける為に使っています!!

 

 

これを使った後は、開いていたキューティクルも閉じてくれるので

カラーの保ちも、ダメージもどちらも解決してくれます!

 

 

 

 

長くなりましたが、

 

少しホームカラーと、美容室でのカラーの違いが分かって頂けたでしょうか??

 

 

 

☆★これからも長くキレイな髪を保つ為にも美容室でのカラーをお勧めします★☆

 

 

 

 



Written by assistant

アソートヘアカタログ


ASSORT NEW YORKのホームページはこちら

ASSORT TOKYOのホームページはこちら

CLASS AOYAMAのホームページはこちら

↓↓↓ASSORT HONG KONGのネット予約は以下より24時間可能です↓↓↓

web予約バナー

About the Author:

Leave A Comment