東京青山とNEWYORKの大人気ヘアサロンが遂に香港にNEW OPEN!東京・NY発の日系美容室香港店

海外で美容師として働く

Home/未分類/海外で美容師として働く

海外で美容師として働く

こんにちはアシスタントの有田です。

いよいよ香港も残すところ1週間

香港にきて6カ月がたとうとしてます

今回はちょっと美容師目線での記事になってしまいますが、

 

 

僕が半年間、初の海外で美容師をしてみて思ったことを綴っていきたいと思います。

まず、香港にきて苦労したのがモデルハント!

もちろんこっちには、hot pepperやminimoといった媒体はありません。

こっちに友達なんていません!

完全0からの状態だったので、毎日営業終わったあとモデルハントに出かけ、モデルさんから他の人を紹介してもらうという

なんか原点に戻った気分でした

 

 

 

 

 

 

こっちだと完全に英語でひたすら声かけないといけないのですが、ヘアモデルという文化がないこっちはまずそれから説明して、なかなか大変でした。

また僕は完全にナメてたかもしれません。

香港の美容師さんたちも上手い人たちがたくさんいると言うことを…

日本にいた頃は、”日本の技術が一番、日本が一番”なんて心のどこかで思ってました。

もちろん日本のサービスや細かさは素晴らしいと思います。

ただ僕はモデルハントをしてて、こんなに綺麗なバレヤージュとかハイライトされてる人たちとかたくさん見て、正直焦りを感じました。

正直、モデルハントをする前は

”僕は日本人美容師だ!”って言ったら

すぐ来てくれるくらい思ってたかもしれません。香港や中国の美容師さんもかなりレベルが高いです。

完全にナメてました。

 

 

 

 

 

 

 

本当初めはぜんぜん来てくれなかったのですが、毎日したのとSNSで呼びかけもあり、

モデルさんも増えていき、紹介もたくさんしていただいて

7月後半の段階で2カ月先まで、毎日予約いっぱいという状態になりました!

スタイリストデビュー前の僕にとって

異国の地で完全に自分の努力で集客できてモデルさんが増えていったことは

これはかなり自分の自信につながりました。

毎日たくさんの外国人のモデルさんをして、

僕自身かなりスキルアップになったし、

英語での接客もかなりレベルアップできました。

こうやって海外で美容師として働けたことは

本当に僕にとってすごい刺激的な経験だったし、貴重な半年間だったと思います!

初めて海外をして僕が感じた課題は

ひとまず英語。

ある程度のことは話せて聞き取れるのですが

やはりこっちにいる人達はほぼネイティブなみに英語を話します

やはり自分の未熟さ感じれた半年間でした

英語は引き続き勉強します

そして発信。

こっちのモデルさんはやはり細かくこうこうしたいというよりも あなたに任せるは

などお任せがかなり多かったです。そのために色んなスタイルをもっと学んで作らなきゃいけないと思いました

そしてどんどん進化してきている他のアジア勢に負けないように、発信していきたいと思いました

 

 

本当にこういう機会を与えて頂いてる

代表のKENさんをはじめ香港店の鈴木さんや石田さんたちなど心から感謝してます。

 

 

 

 

 

 

 

鈴木さんも石田さんも大ベテランの方々で二人とも、技術はもちろん香港で日系サロンの良さを伝えていけるように働いていて

本当学ぶことがたくさんありました。

本当にお世話になりました。

 

 

香港の人たちは日本人が大好きで、

日本の文化がそこら中にあって、

日本人からしたらかなり住みやすい国です。

でもかなりインターナショナルでみんな英語話せて、性格もすごいフレンドリーです。

僕はそんな香港が大好きです。

またいつか絶対に訪れたいですね。

 

たくさんのものを吸収して

来週から東京店で頑張っていきます。

それではみなさん

 

 

 

 

 

have a nice day:)

Best of luck for you. See you

Assistant Arita



Written by assistant

アソートヘアカタログ


ASSORT NEW YORKのホームページはこちら

ASSORT TOKYOのホームページはこちら

CLASS AOYAMAのホームページはこちら

↓↓↓ASSORT HONG KONGのネット予約は以下より24時間可能です↓↓↓

web予約バナー
Tags: , |

About the Author:

Leave A Comment